by echo  

スーパー超シンプルテンプレートVer.1のHTMLと記事HTMLを自動生成するExcelシートを公開します。

テンプレート限定公開より多数の方からご連絡を頂戴し、ダウンロードして頂きました。ありがとうございます。しかし頂いたメッセージに HTMLは不慣れだという方がたくさんいらっしゃいます。設定のマニュアルは同梱していますがたぶん何が何だかさっぱり分からないという可能性も。

カスタマイズ経験が少ない方にも是非使って頂きたいので、必要項目を入力するだけの簡単なエクセルシートを作成しました。

[アイキャッチ画像:640px × 360px, float none]

スーパー超シンプルテンプレート設定シート

Excelで作成しています。ブックには「使い方」、「独自コード」、「メインメニュー」、「HTML」、「記事HTML」の5シートあります。

独自コードシートに基本情報をすべて設定

「独自コード」シートでは主に次のような項目を設定します。

基本情報、個人プロフィール情報など
ブログURL
ファビコン(favicon)URL
bing ウェブマスターツール認証コード
Google アナリティクス トラッキングID
Google+ プロフィールページ
Google+ 表示名
Google カスタム検索
Linkwithin Site ID
Twitter アカウント
Facebookページ

Googleインデックスの設定
タグページをインデックス:しない
カテゴリーページをインデックス:する
過去ログページをインデックス:しない
検索結果ページをインデックス:しない
上記一覧ページの2ページ目以降をインデックス:しない

(中略)

広告コード
記事ページ
 アドセンス広告コード
  記事下ダブルレクタングル 左
  記事下ダブルレクタングル 右
  サイドバーTop
(以下略)

最大の難関である広告コードはすべてこのシートに貼り付ければ、HTMLと記事HTMLの所定の場所に挿入されるので広告コードの貼付け作業負担が大幅に軽減できると思います。「続きを読む」とかトップページの呼び方とか、ブログ内検索でヒットしなかったときのコメント文などのテキスト定型句もこのシートで設定できます。

メニューの項目とURLを一括処理する「メインメニュー」シート

カスタマイズに慣れていないと Bootstrapメインメニューの階層の作り方が分りにくいはず。ur と li のリスト構造で行き詰る。そこで代表的なパターンでメニュー作成を簡便化できるようにしました。メニューの項目名とURLを入力すれば階層化メニューが出来上がります。

必要項目の入力が完了したら「HTML」「記事HTML」シートのコードをコピーするだけ

独自コードとメインメニューの入力が終わると、HTMLと記事HTMLの2つのコードが自動生成され完成しています。必要に応じて不要な行は削除しますが、分らなければそのままで大丈夫。HTMLと記事HTMLをSeesaaブログに貼り付ければ基本的な設定は完了です。

サイドバーとフッターは最初に配布しているマニュアルをみて設定してくださいね。

ダウンロードはしたけれどサッパリ分らんというときには設定シートを是非活用してください。


スーパー超シンプルテンプレート設定シートのダウンロードはこちらから。
» テンプレートのダウンロードについて
» 設定シート直接ダウンロードリンク

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トラックバック

0 件

スポンサーリンク